赤井はあと桐生ココ活動再開!誹謗中傷が多いって本当なのか?

スポンサーリンク
Vtuber

配信内での発言が問題になり活動を休止していたホロライブ所属の人気Vtuber『赤井はあと』『桐生ココ』が2020年10月19日より活動を再開した。

しかし活動再開に伴い、2人への誹謗中傷が相次いでおり、ホロライブをカバー(東京都)は「到底許容できるものではない」と抗議。対象の誹謗中傷は、法的処置として弁護士に報告・提出済みだとした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

活動休止の理由とは

『赤井はあと』と『桐生ココ』は9月24日~25日にかけて行われた配信の際、それぞれのYouTube配信でチャンネルのアナリティクスを参照に情報を開示。『赤井はあと』『桐生ココ』は視聴者が多い海外の「国」を読み上げたが、その中にはいずれも「台湾」の名が含まれていた。
これに中国在住のファンなどが、2人が台湾を独立した国とみなしたとして反発していた。

カバーは2人について、「機密情報である統計データの開示と2次利用」を問題視するとともに、「一部地域に在住の方に対する配慮に欠けた発言があったことを確認」したとし、9月27日から3週間の自粛を発表した。

一方、同日には動画の配信が行われていた中国の動画サイト「bilibili (ビリビリ/哔哩哔哩)」で、カバーが「一つの中国」を支持するような声明を中国語で掲載。この声明には批判の声もあがったが、カバーはタレントや社員らの安全を守るための「緊急措置」だったと、後日公式サイトで説明している。

活動休止は2人を守るため?

3週間の自粛を経て、カバーは10月19日から赤井さん、桐生さんが復帰することを18日に公式ツイッターで発表。

2人の処分理由について、「炎上による過度な誹謗中傷や殺害予告が発生していたことも踏まえて、タレント保護の必要性を加味したうえで実施いたしました」と説明した。

ただ、18日時点でも桐生さんをはじめとする、所属タレントへの「根拠のない点での悪質な嫌がらせ」や「誹謗中傷」が散見されていると報告。こうした行為は「到底許容できるものではない」とし、「対象の誹謗中傷については、法的処置として弁護士に報告・提出済みです」と対応を伝えているそうです。

赤井はあとは、19日に自身のツイッターで活動再開を報告。

「この度は、私の配慮の無さが原因で、ファンやVTuberの皆様にご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。今後は、今回のような騒動がないように細心の注意を払っていきます。今まで待っててくれたファンの皆様、本当にありがとうございます。これからもよろしくお願いします」とした。

一方の桐生ココは19日に自身のツイッターで、今回の事態について「私の配信内での表現に政治的意図は一切なく、桐生ココ個人としても政治的な考えは一切持ち合わせて御座いません」と説明。その上で、 「無知故に、一部ファンの皆さんにかなしい思いをさせてしまったことを悔やんでいます。私がこれからできることは、今まで以上に知識や関心を持ってファンの皆さんが楽しいと思えるコンテンツを作り続けるこだと思っています」

と思いを語りました。

ここまでご覧頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました